燃えるざっぷ

えるざっぷの日記とか 旧ブログ: http://blog.elzup.com

3Dプリンタで洋服のボタン作った[XYZware]

1月前、Unityに使う素材としてblender 入門した

 

数週間前、ラボに2タイプの3Dプリンタが届いた

 

数日前、服のボタンの一つがと消えているのに気づいた

 

つまりそういう事である

 

主にXYZware のオプションについて説明する記事です

 

 

使ったもの

 

ボタンのモデル作成

blender を使った

軸固定アクションが馴染むと便利

f:id:elzup:20150620194806p:plain

 

穴の開け方は初めて知ったけどModifier のBoolean を使うと楽にできる

f:id:elzup:20150620194913p:plain

ずどーんとやって

 

f:id:elzup:20150620194854p:plain

boolean の difference とか使うと2オブジェクトの差分を削ったり出来る

 

blender から3Dプリンタ出力用のファイルにexport をする時のポイント

  • 全ての面を三角化する(Ctrl + t で一発)
  • .stl 形式でexport する

 

XYZware設定

今回ボタンはサイズ1cm x 1cm くらい、白色で作る

プリンタのextluder 1に白がセットしてある

 

まずは stlファイルをインポートして並べる(サイズ, 位置などはここでも調節できる)

 

f:id:elzup:20150620194839p:plain

 

読み込んだオブジェクト毎に色を設定(今回は白のextlduer1)

f:id:elzup:20150620194905p:plainf:id:elzup:20150620194903p:plain

 

 

プリント設定

f:id:elzup:20150620194859p:plain

 

Quality
Profile とはまた別の初心者向けのテンプレートっぽい
Raft
印刷物の下の下敷き、接地面が1cm四方以下の場合に推奨らしい
Supports
プリンタは印刷物の最下部から一層づつ印刷していくので浮いてる部分の下に支えが必要な場合に自動で補完してくれる。印刷後にペリペリ剥がす部分
Auto Repair
未だ謎
3D Density
印刷物の中身(表面以外)をどの程度埋めるか、密度。ちなみに密度に合わせてハニカム構造で埋めてくれる。今回は小物なので最大でやってみる
Layer height
積層ピッチ
Shells
表面の厚み

 

印刷プレビュー、左脇に出てるのは毎回出力されるテスト

f:id:elzup:20150620194847p:plain

 

印刷

プリンタの状態をモニタできる

f:id:elzup:20150620194908p:plain

 extluder はホットになる

推定時間 136 年とか出てるけど気にしなくていい

 

 

 

...大体5分後\チンッ/

 

f:id:elzup:20150620203511j:plain

 

......

 

f:id:elzup:20150620203555j:plain

 

 

f:id:elzup:20150620203731j:plain

...穴なんてものはなかったんだ

 

 

今回使ったプリンタだとさすがにここまで小さなものになると最大精度でもこんなものしか出来なかった(設定の問題?)

 

穴はキリやらドリルで開けるとして

ボタンなのでこれ以上大きくすると服の穴通らないし穴の大きさをモデル側で変えてみれば良くなる?

 

blender 力が上がったもっと複雑な形にも挑戦したい